■Fリーグ(日本フットサルリーグ)インターネット配信
サッカーボール(2010南アフリカW杯)BIGLOBE ストリーム サッカーボール(2010南アフリカW杯)GyaO サッカーボール(2010南アフリカW杯)ShowTime サッカーボール(2010南アフリカW杯)フットサル情報・フットサル選手などのリンク集⇒『フットサルニュースドットネット』
■今週の注目フットサル動画

サッカーボール(2010南アフリカW杯)    ジダンがフットサルをプレー!
2015年04月15日

葉山直樹 | ネットビジネスの第一人者、葉山直樹から学ぶ生き残り戦略

葉山直樹さんはネットビジネス業界の第一人者として、
長く最前線を歩み続けています。
ネットビジネスというのは面白いことに、
0から成功する時と、成功した後にその地位を保ち続けるとでは、
後者の方が圧倒的に難しいと思うのです。


あくまで個人的な見解ですが、
年々数多くのネットビジネス参入者と成功者が生まれますが、
その一方で成功者が脱落してしまうケースも少なくありません。
稼げない人が稼げるようになる割合が20%くらいだとしたら、
成功者が稼げなくなるのも20%くらいあるでしょう。
葉山直樹さんは2006年にネットビジネスに参入したいわば古豪の存在ですが、
時を同じくして成功した人のほとんどが今はなりを潜めているか、引退してしまっているという現状があります。
私のネットビジネス参入暦は葉山直樹さんのような方と比べると、
かなり浅いほうですが、
私が参入してからもこの業界ではさまざまな変化や進化があり、
その変化のと進化のスピードに対応しきれずに脱落してしまう人は数多くいました。

特にWEBサイトの運営者ではGoogleのアルゴリズム改変に伴い、
一夜にして稼ぎがなくなってしまったという人も少なくありません。


では、どうして葉山直樹さんのように第一線で活躍し続けられる人と、
そこにはたどり着いたものの、長く居られない人ではどんな差があるのでしょうか?
これを徹底解剖していきます。





葉山直樹さんはネット業界参入後すぐに数千万円の売り上げを達成しています。
ただ、これには及ばないものの、参入後数ヶ月で数百万稼ぐような強者はいます。

でも強者たちの多くは、ほとんど入れ替わり立ち代りで
稼げなくなる人が現れ、新たに稼げる人が現れの繰り返しです。
一方の葉山直樹さんはずっと第一線にいます。

もちろん葉山直樹さんのビジネスセンスによるところも大きいと思いますが、
他者とは違う今の立ち位置を築いたからこその結果だと見ています。

それがプロデューサーとしての立ち位置です。

ネットビジネス実践者には大きく3段階あって

・実践者

・実践者 兼 指導者

・指導者 兼 プロデューサー

の3つに分けることができます。

また、まだ稼げていない実践者から見る成功者の多くは、この段階でいう2,3段目の人に当たります。


一見すると、どちらもネットビジネス成功者であり、ありえないほどの額を稼ぎ出していますが、
2段目と3段目では天と地ほどの差があります。



2段目のいわゆる情報販売者は、
確かに自身の成功体験が稼ぎの源になっていますが、
前述のとおり、時代の変化と進化についていくことができていません。
それは、「そのノウハウが永久的に稼げるものではないから」ということと、
生き残るための成長をやめてしまったことに原因があります。


反対に3段目の人は、ネットビジネスにおける稼ぎの真理を網羅した人で
それがまさに葉山直樹さんのような人物に当たるのですが、
時代の移り変わりに応じた、その時その時のノウハウが本物かどうか見極めることができるため、
終わりのない指導をすることができ、
また、真理を知っているからこその1段目の実践者から生まれた成功ノウハウを
プロデュースすることができるのです。


それを証明するがごとく、現在ネットビジネスの各方面で腕をならしている指導者の半数以上が、葉山直樹さんの手によって世の中にノウハウを教える立場として存在できています。

その中にはあなたも知っている有名塾の塾長も、ネットビジネス成功者が含まれます。



つまり、2段目はノウハウを売つことを生業としていますが、
そのノウハウが通用しなくなった時点で終了です。
だから成功者からも脱落者が出ます。
しかし、3段目の葉山直樹さんはその成功者のノウハウを世の中に広めるという
プロデューサーの役目を担っていますから、
時代の変化に流されることがないのが、お分かりいただけると思います。

ネットビジネスにおける成功者の定義は人それぞれですが、
一生稼げるノウハウというのは存在しないので、一概に指導者に回れたからといって
永久的な成功者と呼ぶことはできません。
それは、いつなんどき仕組みが変わるかもわかりませんし、
新たな脅威が出てくるかもわからないからです。


そんな中でも葉山直樹さんはいち早くこの真理にたどり着き、今の地位を手に入れたのです。


これが葉山直樹さんに学ぶ生き残り戦略の極意です。



あなたが今どの状態にいるかはわかりませんが、
現状維持というのはどの段階でも通用しません。
それは葉山直樹さんのいる3段目の人間も同じことです。

それでも市場を見極めコントロールする力を身につけることができれば
葉山直樹さんのようになれる可能性がでてきます。


半永久的な稼ぎの方法を生み出せた2段目の成功者で終わるのか
その上の葉山直樹さんのいる3段目を目指すのかはあなた次第です。
ただし、向上心や柔軟性なくしてはこの業界を長く渡り歩くことはできませんから
それだけは肝に銘じておくといいでしょう。




葉山直樹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。